お疲れ様です。

うだるような暑さが続く鹿沼市・宇都宮市地方。

ここ数日は収まりましたが。。。。

この暑さ、体力を奪われてしまいます。。。。

まめな水分補給で凌いでます。。。。。。

さて、そんな暑さの中ですが、当店では新たな展示車が入庫しました!!

【ホンダ フリードスパイク(GB3)Gエアロ 平成22年式 プレミアムナイトブルーパール】です!

11無題

走行距離は9.0万キロとチョット多めですが、機関は絶好調です!

試乗しましたが、全く問題無しの良好車です!

第3者査定機関でもある「グー鑑定」を受けており「内装★4 外装★4」の高評価を得ている1台です!!

20180715(01)

外装は当店の鏡面仕上げ&コーティング施工で、ボディカラーの「プレミアムナイトブルーパール」が映えています!

色艶共に良好で、私自身が汗だくで磨き上げ、更にキレイな状態となりました!

20180715(02)

20180715(03)

内装もとてもきれいな状態。

室内クリーニング・シートクリーニング・消臭施工等を行い、快適な室内空間となっています!

これで、気持ち良くお出かけできますね!

装備はも充実しています。

純正HDDインターナビ・ワンセグTV・DVD再生・バックカメラ・片側オートスライドドア・スマートキー・ビルトインETC・純正エアロ&純正15インチAW・キセノンライト&フォグ等々。

20180715(04)

モビリオスパイクはラゲッジスペースが個性的で使い勝手が良い車ですね。

スペースの広さはもちろん、フルフラットにすれば更に広さを確保。

また、ラゲッジスペースアイテムも装備されており、様々なシーンに合わせ使用することが可能。

アウトドアは勿もちろん、この広さがあればお仕事にも使えますね!

気になる燃費ですが、カタログ上「10モード/10・15モード燃費 16.4km/リットル」です。

是非、参考にしてみて下さい!





ホンダ フリードスパイク 2010年7月(平成22年7月) 発売モデル

ホンダ フリードスパイク 取り回しの良いボディサイズでありながら、使いやすいゆとりのある室内空間を確保し、多彩な使い方が可能な荷室を備えた、コンパクトハイトワゴン「フリードスパイク(FREED Spike)」。

1.5L i-VTECエンジンを搭載、FFはトルクコンバーター付CVTトランスミッション、4WDは5速ATを組み合わせる。

フリードが、7人/8人乗り3列シート仕様と5人乗り2列シート仕様を持つのに対して、スパイクでは5人乗り2列シートのみ。

フロントボンネットを高め、最後部のサイドウィンドウは荷室としてボディと同化させ、個性的なデザインとする。

グレードは、ベーシックな「C」、スタンダードな「G」、エアロ仕様の「Giエアロ」、エアロアイテムやアルミホイール等を標準装備した「Gエアロ」、充実装備のポピュラーモデル「Gジャストセレクション」を設定する。

「G・ジャストセレクション」は、ディスチャージヘッドライト<HID>とマイクロアンテナを標準装備。

また、全タイプ前後に180度回転させることでカーゴルームのフロア高を変えられる新発想の「反転フロアボード」を採用。

左右を分割してあるので、荷物の大きさや量により使い分けることが可能。

反転操作はグリップに手をかけ、ボードの片側を持ち上げるだけでスムーズに行うことができる。

また、Honda独自の低床・低重心技術により、薄型燃料タンクを後席下に配置することで、低くフラットなフロアを実現している。ボディカラーはオプションカラーを含む全7色。