カーコーティングにはいろんな種類があるので、費用やメンテナンスの頻度・保管状況などから、自分に合ったものを見つけるのが重要です。

どんな種類があって、それぞれどんな特徴があるのかを理解して、自分に適したコーティングを行いたいですよね。

一般的な車のコーティングの種類は、大きく分けると「油脂系」「樹脂系」「ガラス系」「ガラス」となります。

これからそれらの特徴についてご説明したいと思います。

ちなみに、自分はガラスコーティングが好きですね。

費用は高いですが、艶が長持ち。そして洗車がラク!!
20180805(01)

油脂系コーティングの特徴
油脂系コーティングの特徴油脂系とは油の事で、油が水をはじく性質を利用したものです。

施行が簡単で安価な事が特徴ですが、その反面、雨などで早く劣化するため、マメに洗車をして劣化した部分を取り除かなければいけません。

そして塗り直すことが大事ですから、「車をいじるのが趣味」という方に向いています。

ワックスコーティング:シリコンやカルナバロウを主成分としています。
・安価で入手しやすい
・素人でも手軽にできる
・ツヤや光沢がある
・光を反射するので細かいキズが目立たない
・撥水性が良い
・耐久性が弱く劣化しやすい(マメに劣化した部分を取り除く必要がある)
・紫外線に弱い ・屋外駐車には向かない

樹脂系コーティングの特徴
樹脂系とは、イオン結合や分子結合により高分子化合物を密着されることです。

比較的低価格で作業も簡単なのにツヤのある仕上がりになります。

しかし、ワックスと同様に劣化しやすいので定期的に洗車して劣化した部分を取り除かなければいけません。

ポリマー系コーティング
・光沢とツヤのある仕上がり
・ワックスよりは長持ちする
・効果は3~6ヶ月程度
・比較的安い
・新車納車の際にディーラーでしてもらう場合もある
・定期的にメンテナンスが必要(自分でできる場合も)

ペイントシーラント

・屋外で6ヶ月~1年程度、屋内で1~2年程度
・洗車は水で手洗いが基本
・汚れが付きにくい
・汚れが落ちやすい
・定期的なメンテナンスが必要

ガラス系コーティングの特徴
ガラス系コーティング:「樹脂系にガラス繊維が入っているもの」又は「ガラスに他の成分が入っているもの」を、ガラス系コーティングといいます。

ガラスに他の成分が入っているものは良質な商品が多くなっています。

それに対して、樹脂系にガラス繊維が入っているものに関しては、名ばかりのガラス系であることも多いため注意が必要です。
・光沢とツヤがある仕上がり
・ポリマー系よりも長持ちする
・効果は6ヶ月~1年程度
・費用が高め
・ほとんどの新車ディーラーではやらない(専門店に外注)
・定期的なメンテナンスが必要(専門店で有料)

フッ素系コーティング:「ガラスに他の成分が入っているもの」のガラス系コーティングと同じです。

自分で購入する場合は、カー用品店などで購入できます。

ほとんどの場合、プロ用として販売されています。

ガラスコーティングのデメリットをカバーしてくれるタイプのコーティング剤が多いので、重宝されているようです。
20180828(01)
ガラスコーティングの特徴
ガラス特有の、高い透明性のある被膜でボディを守ります。

施行の前には下地処理をしっかりおこなうこと、硬化するまで時間がかかること、費用が高いことなどがありますが、被膜の強さでは、現在、最強のボディーコーティングといえます。

ですが、油分が含まれていないため、仕上がりにツヤ感がないところが不満に感じる方もいるようです。
・費用が高い
・専門店でしてもらう
・定期的にメンテナンスが必要
・劣化が遅く長期間コーティングがもつ(平均して3年ほど)
・仕上がりは自然なツヤになる
・被膜は強く薄い
・ボディにキズや汚れが付きにくくなる
・汚れが落ちやすくなるので洗車が簡単
・1度施行すると、簡単にはやり直しができない

ガラスコーティングとガラス系コーティングの違い
専門店でガラスコーティングといっているのは、実はガラス系コーティングの場合が多いのです。それは、明確な基準がないために起きてしまっています。

「有機物が含まれているとガラス系」「有機物が含まれていない無機質ならガラスコーティング」などと分けている場合もあるようですが、「化学反応せずに乾燥して固まるのがガラス系」「化学反応で固い被膜になるのがガラスコーティング」としていることもあり、その違いはあいまいなのが現状のようです。

撥水性と親水性の違い
撥水性(はっすいせい)とは?!:撥水性とは、水分をはじく性質ということです。

ボディに付いた水分が玉のようになって流れていくのですが、走行中に雨が降ると風で水分が流れていくアレです。

撥水タイプのコーティングには油分が大量に含まれていることが多く、劣化しやすかったりボディに付いた水分がレンズとなって塗装を痛めてしまうため注意が必要です。

親水性(しんすいせい)とは?!:親水とは、水をはじかずボディを流れていきます。

降った雨が水玉状にならないため、屋外駐車の車のコーティングに向いているといわれています。

【Garage Sea Swallow(ガレージ シースワロー)店舗詳細】はコチラです。

https://www.goo-net.com/pit/shop/0403865/top

https://www.goo- net.com/usedcar_shop/0403865/detail.html