夏の夜は明かりに向かって虫たちが集まってきます。

未だに虫の活動は活発ですが。。。。。

夜に車を走らせて翌朝車を見ると、ボディ部分に黒く点々と大量の虫の跡がついていることもあります。

しかも、跡になるとなかなか取れにくくて、洗車に苦労することがあるかと思います。

3b2431f5

どうやったら車の虫跡のこびりつきをきれいに落とせるか、また、車のボディに虫跡がつかない対策方法は、どんなものがあるのかをまとめてみました。

どうして虫跡は落としにくいのか?!
他の汚れと比べても虫跡はこびりついていて、落とすのが厄介な印象があるかと思います。

虫の体液などにたんぱく質が含まれており、体液そのものに粘着性の性質があるため、一度虫跡がつくと簡単に落としにくいです。

また、走っている車に対して虫も飛んでぶつかってきています。

虫が車のボディにぶつかるときかなりの衝撃でぶつかります。

虫の体液に粘着性があるためしっかりひっつくので、ますます虫跡が落としにくくなっているのです。

車にこびりついた虫跡の落とし方
車にこびりついた虫跡の落とし方ですが、虫跡がついて時間が経たないうちであれば、雑巾で拭いたりブラシでこすると簡単に落とすことができます。

時間が経過し、虫跡がこびりついて、落とすのが難しくなった場合はまずは温めるのが有効です。

70度くらいのお湯にタオルを浸して絞ったタオルを、こびりついた虫跡の上に置いてパックするようにします。

水分を十分に含ませて柔らかくした後に虫跡をゆっくりこすっていきます。

雑巾でもよいですし、柔らかい素材でできた、スクレーパーなどを使ってもよいでしょう。

お湯の用意が面倒な方は、雨の日にお掃除すると、水分を含ませることができるのでおすすめです。

水分のみで取れないときは虫とりクリーナーを併用します。

ポイントは、熱やクリーナーの力を利用して、できるだけ力を使わずに虫のこびりつきを落とすことです。

車のボディにはコーティングや塗装がされています。

これらに傷をつけないためにも、熱や洗剤の力を使って、虫跡を優しく落としていきましょう。

【栃木県「Garage Sea Swallow(ガレージシースワロー)」】の店舗詳細はコチラ
https://www.goo-net.com/usedcar_shop/0403865/detail.html 

【栃木県「Garage Sea Swallow(ガレージシースワロー)」】の作業ブログはコチラ 
⇒https://www.goo-net.com/pit/shop/0403865/blog

【栃木県「Garage Sea Swallow(ガレージシースワロー)」】のフェイスブックはコチラ
⇒https://www.facebook.com/Garage-Sea-Swallow%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8-%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%AD%E3%83%BC-455844411495619/?modal=admin_todo_tour