車の芳香剤を選ぶ時、いろんな種類の芳香剤をあれこれ選ぶのはとても楽しいのですが、 買った後、どこに置こうかと置き場所に困る事はないでしょうか?

IMG_0991

車で芳香剤を置くのに適した場所、 芳香剤の種類についてご説明します。

どうする?!芳香剤の置き場所?!
昔からあるタイプの芳香剤はいわゆる「置き型タイプ」というもので、 芳香剤メーカーは基本的にダッシュボードの上に置くという前提でデザインしています。

しかし最近の車のデザインは、ダッシュボードが水平でないタイプも多く、 特にエアバッグが搭載されているところなどは置かない方がベストです。と言うか、置かないで下さい。万が一を考えると。。。 

セダンタイプならリアトレイなどに置けますが、 最近では運転席や助手席のシートの下に置く事をおすすめしています。

香りが直接バラまかれないので、芳香剤が苦手な人が乗っても不快な思いをさせずに済みます。

ダッシュボードの多様化により、シートの下専用の置き型芳香剤も増えてきています。

芳香剤だけでなく消臭剤も兼ねているので足元のニオイが気になる人にもおすすめです。

置くだけじゃない!イマドキの芳香剤は種類が豊富!
芳香剤と言えば以前は置き型だけでしたが、消臭剤脱臭剤の精度が上がり、 消臭脱臭機能も一緒についた芳香剤が主流になっています。

形もそれぞれで昔ながらの置き型タイプをはじめ、缶入りの置き型タイプ、 シートの下に置く置き型タイプ、シュッとひと吹きスプレータイプ、 つるし方タイプなど、多種にわたります。

中でも置き型よりもシェアを拡大しているのは、 エアコンの吹き出し口に装着するタイプです。

消臭剤と気づかれにくいさりげないデザインのものや、消臭性に優れているもの、キャラクターの形をしているものなど、デザインや種類も豊富です。

中には、シガーソケットに装置をセットして、アロマオイルを拡散させる本格アロマタイプもあります。

そもそも車に芳香剤は必要か???!!
車の芳香剤の話となると「いる」「いらない」で意見が分かれる場合もあります。

その理由として「芳香剤がニガテな人が多い」という点が挙げられます。

苦手なら無理をしてまで置く事もないのですが、車にはガソリンやオイルのニオイ、 車内のこもったニオイなど、不快に思うニオイが多いのも事実です。

芳香剤を置くにしろ置かないにしろ、 自分以外の第三者が車に乗る事を想定してニオイの除去は行った方が良いでしょう。 薬剤タイプを使いたくない人には、炭を使った脱臭剤などがあります。

また薬剤タイプでも無香料のものなら、香りを気にしないで済むでしょう。

ただし車内にゴミや汚れが多く、それがニオイの元となっているのなら、どんな脱臭剤や消臭剤も役には立ちません。

消臭剤や芳香剤を有意義に使いこなすためにも、 まずは車内の掃除を欠かさないようにすることが重要です。

【栃木県「Garage Sea Swallow(ガレージシースワロー)」】の店舗詳細はコチラ
https://www.goo-net.com/usedcar_shop/0403865/detail.html 

【栃木県「Garage Sea Swallow(ガレージシースワロー)」】の作業ブログはコチラ 
⇒https://www.goo-net.com/pit/shop/0403865/blog

【栃木県「Garage Sea Swallow(ガレージシースワロー)」】のフェイスブックはコチラ
⇒https://www.facebook.com/Garage-Sea-Swallow%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8-%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%AD%E3%83%BC-455844411495619/?modal=admin_todo_tour