冬や梅雨の時期等、車内のフロントガラスが結露してしまって、イライラしてしまった経験をお持ちの人もいるのではないでしょうか。

これからそんな冬の季節がやってきます。

フロンのガラスの結露によって視界が不良となり、運転に支障をきたすこともあります。

フロントガラスが結露する原因は何でしょうか。

また、結露を防ぐための対策にはどんなものがあるのか見ていきましょう。

IMG_1890

車内のフロントガラスが結露する原因
結露は、空気中の水分が窓ガラスなどに付着、凝結し水滴となることによって発生します。

車内のフロントガラスが結露する原因としては、外気と車内の温度差が大きいということが挙げられます。

フロントガラスは、外気によって冷やされるため、車内の温度よりも低くなります。

その冷たいガラスに車内の空気が触れることによって冷やされ、空気が蓄えられる水分量が減ります。

空気が蓄えきれなくなった水分が、ガラスに水滴となって付着します。

また、車内の湿度が高いこともフロントガラス結露する原因となります。

車内の湿度を上げる原因として、人の息や身体から出る水分、雨水などで車内が濡れるなどが考えられます。

タバコのヤニやホコリなどによるフロントガラスの汚れも、 結露を引き起こす原因です。

車内のフロントガラスの結露対策
夏と冬といった季節の違いによって、結露対策は少々異なります。

冬などの寒い時期の結露を抑えるためには、外気導入でエアコンを作動し、ヒーターを全開にすることが有効といえます。

外気導入にすることによって、外の乾燥した空気を取り込み、車内の湿度を下げることができます。

始めから外気導入にしてしまうと温風になるまで時間が掛かるので、エンジン始動後は内気導入にしておくと良いといえます。

夏等の暑い時期の結露を抑えるためには、内気循環でエアコンを作動し、外の湿気を車内に取り入れるのが有効です。

また、ガラスクリーナーなどをフロントガラスに吹きかけ、雑巾などでしっかりと拭くことで、しばらくの間結露しにくくなります。

車内のフロントガラスの結露を抑えるためには、「外と内の温度差をいかに無くすか」にあるといえます。

また、マットやシートが雨水などで濡れてしまったら、乾かしておくことも大切といえます。

【栃木県「Garage Sea Swallow(ガレージシースワロー)」】の店舗詳細はコチラ
https://www.goo-net.com/usedcar_shop/0403865/detail.html 

【栃木県「Garage Sea Swallow(ガレージシースワロー)」】の作業ブログはコチラ 
⇒https://www.goo-net.com/pit/shop/0403865/blog

【栃木県「Garage Sea Swallow(ガレージシースワロー)」】のフェイスブックはコチラ
⇒https://www.facebook.com/Garage-Sea-Swallow%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8-%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%AD%E3%83%BC-455844411495619/?modal=admin_todo_tour