お疲れ様です。

先日【三菱 eKアクティブ(H81W) VT インタークーラーターボ ライトブルーM】が入庫しました!

探すと中々見当たらない、SUV軽自動車の先駆けでもある稀少車です!!

また、希少の「純正ルーフキャリア」も装着しています!!

走行は7.1万キロのワンオーナー車!

仕上げにはかなりの時間を要しましたが、しっかりとした状態での展示です!!

13無題

外装は鏡面仕上げ&コーティング施工で、見違えるほど綺麗に復活です!

色艶も見事に戻り、とてもキレイな状態です!

20190426(02)
20190426(03)
内装は入念にクリーニング&シート洗浄で、キレイさが復活です!

かなり手こずりました。。。。。

消臭・除菌効果もあるので、快適な室内でドライブが楽しめそうです!!

装備は、キーレス・本革巻きステアリング・社外ナビ・ワンセグTV・DVD再生(走行中視聴OK)・ベンチシート・純正AW・ルーフキャリア付き。

20190426(011)

ラゲッジスペースは決して広くはありませんが、後部座席のシートアレンジで広さは確保できます!!

是非、参考にしてみて下さい!!



【栃木県「Garage Sea Swallow(ガレージシースワロー)」】の店舗詳細はコチラ
https://www.goo-net.com/usedcar_shop/0403865/detail.html 

【栃木県「Garage Sea Swallow(ガレージシースワロー)」】の作業ブログはコチラ 
⇒https://www.goo-net.com/pit/shop/0403865/blog

【栃木県「Garage Sea Swallow(ガレージシースワロー)」】のフェイスブックはコチラ
⇒https://www.facebook.com/Garage-Sea-Swallow%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8-%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%AD%E3%83%BC-455844411495619/?modal=admin_todo_tour



三菱 eKアクティブ 2005年12月(平成17年12月) 発売モデル

三菱のロングセラー商品である軽乗用車eKシリーズ。

ベーシックな位置付けとなる「eKワゴン」と、スポーティな「eKスポーツ」、SUVテイストの「eKアクティブ」の3タイプをラインアップする。

全モデル、乗降性&運転視界を考慮したヒップポイントと立体駐車場対応な全高とする、背高タイプの5ドアボディとする。

搭載エンジンは、50馬力の660cc直列3気筒SOHCと、64馬力の同インタークーラーターボ。駆動方式は、FFとフルタイム4WDを用意。

コラムシフトの3速/4速オートマチックと、フロアシフト5速マニュアルが選べる。

eKワゴンは、グレード「M」と上級「G」の2グレード。Gにはブレーキアシスト&ABS(EBD:電子制御制動力配分装置)を装備し、4速ATのみを搭載する。

eKスポーツは、エクステリアを大型バンパーを含めたフルエアロボディに、異形4灯プロジェクターヘッドランプを装着。標準「X」とターボ搭載の上級「R」の2グレード。

Rは、スポーツタイプサスペンションに高性能ブレーキ、14インチアルミホイールを装備する。

eKアクティブは、専用の前後大型カラーバンパー、スキッドプレート風前後ガーニッシュ、ドアガーニッシュ、サイドシルガーニッシュを採用して、SUVの力強さと機能美を強調。

165/60R14タイヤとスポーティな専用デザインの14インチアルミホイールを履く。

グレードは標準「V」とターボの上級「VT」の2グレード。

VTには、オートエアコン、合成革巻ステアリング、後席大型センターアームレストがつく。

全モデル「平成17年基準排出ガス50%低減レベル」をクリア。

さらに、eKワゴン、eKスポーツ Xの2WD車は「同75%低減レベル」を、ターボ車および4WD 3A/T車を除き「平成22年度燃費基準」を達成。

eKワゴン Mの5M/T車は、「同基準+5%」を達成する。

今回全車モデルで一部改良を実施。エアコンに脱臭機能付クリーンエアフィルターを新たに装備。

外からの花粉やホコリの浸入だけでなく、排気ガスやタバコの臭いも抑える。

各モデルでは、eKワゴンのGのシートに、シックなスウェード調の生地を採用、従来オプション設定のハイマウントストップランプを全車に標準装備とした。

eKスポーツ全車にリヤスピーカーを、eKアクティブ全車に1DIN CDオーディオ、カップホルダー付の後席大型センターアームレストを標準装備した。