お疲れ様です。

さて、先日入庫していた【トヨタ iQ(KGJ10)100Gレザーパッケージ 平成20年 パールホワイト】がご成約となりました。

誠にありがとうございます!

IMG_3874

走行距離は5.5万キロ程度。

調子は良いですね!

20180421(01)

外装は当店のコーティングで色艶共に良好な状態となりました。

20180421(02)

20180421(04)

内装は正直苦労しました。。。。。

シートや天井、フロアの汚れがありましたが、当店のクリーニング・シート洗浄・消臭施工で、

何とか取り切りました。

装備は、スマートキー&プッシュスタート・純正CD・純正15インチAW・本革巻きステアリング&シフトノブ・サイドエアバック・リヤウインドウカーテンシールド・横滑り防止機能等々。

20180421(03)

ラゲッジスペースは正直狭いです。

後部座席はフラットになるので、2シーターの状態にすれば、荷物は積めれますね。

隠れた収納BOXがあるので、重宝したいです。

気になる燃費は、カタログ上「10モード/10・15モード燃費 23.0km/リットル」です。





トヨタ iQ 2008年11月(平成20年11月) 発売モデル

トヨタiQは、従来のサイズの概念を打破することを目指したマイクロプレミアムカーである。

プラットフォームを新開発し、軽自動車より短い全長3mを切るボディに4人乗車可能な超高効率パッケージを実現。

1L(直列3気筒:1KR-FE)エンジンを搭載し、最小回転半径は世界最小レベルの3.9mを実現する。

ネーミングは、個性(individuality)を表すと同時に、革新(innovation)と知性(intelligence)、品質(Quality)を表現するとともに立体的な(cubic)という言葉の音と、新しい価値観とライフスタイルへのきっかけ(cue)という言葉に由来する。

グレードは、標準「100X」、上級「100G」、それに「100G レザーパッケージ」を用意する。

世界初の後部窓ガラス用(リヤウインドウカーテンシールド)エアバッグを含む9個のエアバッグや、滑りやすい路面で安定させるS-VSC、エアコンが標準で、100Gでは本革巻き3本スポークステアリングやスマートエントリー&スタートシステム、オートエアコン、盗難防止システムを、レザーパッケージには、その他15インチアルミホイールなど上質感を演出する。

3+1ながら最大4人乗車可能な超高効率パッケージは、エンジンに対してタイヤ位置を前に、燃料タンクをフラット化し床下に搭載、シートバック薄型化、エアコンを小型化しインストルメントパネル中央部に納めるなどの6つの手法が取られ実現した。

Super CVT-i(自動無段変速機)を組み合わせることで、1L車でトップレベルの10・15モード走行燃費23.0km/Lを実現するとともに、新燃費基準の試験方法となるJC08モード走行燃費21.0km/L、「2015年度燃費基準」を達成。

さらに「平成17年度基準排出ガス75%低減レベル」の認定も取得する。